6月 082011
 

少女期

投稿者:たつし  投稿日:2007年 5月31日(木)17時04分5秒

>マヨくんさん(このように呼んで、よろしいでしょうか?)

こちらのCDで聞けますよ。

http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=TOCT-26021

♪女の子に生まれたこと あなたを知ってから誇りなんです~の
歌詞、すごく胸がときめきます


君スタ! あなスタ!も

投稿者:マヨくん  投稿日:2007年 5月31日(木)16時38分9秒

君スタ!出身、堀智子の『シーサイドホテル805』、『すみれの花が咲く頃』。あなスタ!出身、森田つぐみの『少女期』なんて、なかなか入手は難しいでしょうね~。

スタ誕!出身者のレア盤

投稿者:マヨくん  投稿日:2007年 5月31日(木)00時49分25秒

ウワ~!すごいなぁ!と目を丸くしました。堺淳子のを持っておられるとは。小川真代のも持っておられたりして・・・。

花の咲く朝

投稿者:かむい  投稿日:2007年 5月28日(月)06時26分17秒

最近の私の一日は、この歌を聴き
ひと哭きすることから始まります。

…どうぞヨロシクお願い致します。http://clovis.jugem.jp/


「恋一夜」

投稿者:MACKY  投稿日:2007年 5月27日(日)21時28分19秒

「恋一夜」は「抱いてくれたらいいのに」の続編という見方も出来るかな?でもこんなに直接的な詞を書いて、それが嵌っているという例も珍しいよね。

たつしさん>研さんの場合は、あの普段のキャラクターが失恋歌とマッチしている、という意味でイメージ戦略の勝利でしょうね。


失恋歌

投稿者:たつし  投稿日:2007年 5月26日(土)23時02分46秒

工藤静香さんでは、私も「恋一夜」「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」が好きです。
彼女は研ナオコさんとは別の世界での失恋歌の魅力を表現できる歌手だと思います。
研ナオコさんでは「LA-LA-LA」「かもめはかもめ」「泣かせて」が好きですね。

「抱いてくれたらいいのに」

投稿者:MACKY  投稿日:2007年 5月26日(土)19時17分1秒

キャンペ~さん>静香さんというと、みゆきさんとのコラボレーションが真っ先に挙げられるけど、 個人的には松井五郎さんの詞が一番あっていたような気が。「抱いてくれたらいいのに」や「恋一夜」「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」あたりが最高かな。 あと、本人作詞の「千流の雫」も捨て難いけど。まあこの人の場合はご存知のように曲はずっと次利さんなので、今聴くとどれも同じに聞こえるのは難点だけ ど。

SONGS

投稿者:キャンぺ~  投稿日:2007年 5月26日(土)14時52分47秒

「SONGS」は、初回の竹内まりやさんの時だけ見ました。ご本人のナレーションで進行された割 には、映像がほとんどここ数年のPVでちょっとがっかりしたのですが、最後の「人生の扉」は素晴らしかったです。この曲を披露するための番組といった印象 でした。実際にアルバムはものすごく売れているみたいで、ラジオでも「人生の扉」を聴かない日はないくらいです。なんか素敵で、最近好きな曲のひとつで す。

静香さんの曲は、テレビで歌うのを見るより、CDで聴く方が好きです。以前「夜もヒッパレ」で、歌った人は忘れたのですが、静香さんの「Blue Velvet」を歌うのを見て、そのカッコヨさに、この曲が好きになりました。「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」も、飲み屋の有線で流れるのを聴くと、 いい曲だと思います。


めちゃくちゃに泣いてしまいたい」

投稿者:MACKY  投稿日:2007年 5月24日(木)22時14分46秒

もんちゃんさん>う~ん、「慟哭」に限らずほとんどの曲のキーが下がってましたが…で、時々思い出したように元のキーで歌ったりするので音程が…

一番良かったのは、もともと絶叫型の「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」かな。みゆきさんのような声の張り上げ方、というよりも、明らかに前の彼氏の影響でしょう。


久しぶりにマーガレット・ポー

投稿者:よっかー  投稿日:2007年 5月24日(木)11時55分12秒

たつしさん、yosinonさん
お話聞いてたら、西崎みどりのカバー曲を聞きたくなっちゃったよ。
なかなかそういう歌は復刻してくれないなぁ。

今日はスカパーでマーガレット・ポー(1979年当時の映像)を久しぶりに見ました\(^o^)/
あらためて見ると日本語はかなりたどたどしかった(^^ゞ
「天使のハミング」を唄ってました。これはセカンドだったかな。


工藤静香

投稿者:もんちゃん  投稿日:2007年 5月24日(木)04時42分6秒

慟哭、キー下がってなかったですよ
(もともとこの歌はキー低め)

全体に中島みゆきのような声の張り上げ方をしてたので、
アイドルファンには辛かったかもしれないですね


あ、元気でしたか\(^o^)/

投稿者:よっかー  投稿日:2007年 5月24日(木)00時11分4秒

>yosinonさん
過去ログをずっと読んでて、不明カセットは完了したのかなぁと(笑)。

もう退院しましたので、今まで通りにネットを楽しめるようになりました。

「ハレンチ学園」もテレ東なら深夜枠でリメイクしそうだな(^^ゞ


「慟哭」

投稿者:MACKY  投稿日:2007年 5月23日(水)23時04分5秒

今、工藤静香さんが久々に「慟哭」を歌ってるんだけど、キー3度くらい下げていて幻滅…しかも音程外してるし…

日向ぼっこのドラ猫ふんじゃった

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月23日(水)09時27分56秒

今夜の「世界バリバリ☆バリュー」に永井豪先生が出演されるようです。
「ハレンチ学園」や「ワンパク番外地」の話でも聞ければいいんですが・・・無理かな。

可愛いアユちゃんウインクしてさ

投稿者:たつし  投稿日:2007年 5月22日(火)08時52分40秒

>こうそくひれん1号さん

私もこの歌、歌声が可愛くて好きですよ。
河崎いち子さん、調べてみれば、十兵衛のクラスメイト
のエミちゃんという子を演じていたようです。
エミちゃんは、左卜全さん演じる、用務員さんの孫だそうです。
日活の俳優ではないようでした。


十兵衛逃げれば山岸追うよ

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月21日(月)18時54分19秒

>>たつしさん

「『ハレンチ学園』の主題歌を(作者は)児島美ゆきに唄わせたかった」とは初めて聞きました。でも、放送に使われた「河崎いち子バージョン」もいいです よ。特に2番の「♪ヤメテと叫べば」の「テと」の部分が色っぽくて、萌え萌えです。河崎いち子は本編にもセミレギュラーで出ている、とーッても可愛い娘で すが、日活の女優さんでしょうか?


十四歳のぷろふぃーる他

投稿者:たつし  投稿日:2007年 5月21日(月)09時11分34秒

>yosinonさん

実は私、西崎緑さんのこのアルバム持っています。
カバー曲では「草原の輝き」がとっても素晴らしいですよ!
他に「お祭りの夜」「京のにわか雨」「初恋のひと」を
カバーしています。

>クジラ2号さん

児島みゆきさんの単独CDが発売されるとは
思わなかったですね。
クラウンの主題歌アルバムでの「ワンパク番外地」の
主題歌(とろりさん、壁紙ありがとうございます)が
歌詞もメロディーも歌声も素晴らしかったので
楽しみですね。
確か永井豪さんは「ハレンチ学園」の主題歌を
児島さんに歌わせたがっていたと聞いたことがあります。


「旅愁」他

投稿者:yosinon  投稿日:2007年 5月21日(月)04時04分44秒

>ノンノンさん、yosinonさん、元気かなぁ、なんて。

はいはい。元気ですよ。
ここ1年くらいは仕事が忙しくて、掲示板に出没する頻度やホームページの更新頻度が非常に低下していて、発見したカセットテープのmp3化も停滞したままになっていて、申し訳ないです。(あと1年半は同じ忙しさが続く可能性が高いです。)

さて、『旅愁』の話題が出てたので、「ベストアルバム~みどりに逢いたい~」を注文してしまいました。ジャケットは、LPレコード「十四歳のぷろふぃ~る  旅愁」KC-7030からハートマークその他をトリミングしたもののようです。今までAMラジオ音質でしか聴いた事がないので、もうすぐCD音質で聴け るようになるのが非常に楽しみです。LPレコードには「赤い風船」「草原の輝き」なんてのも入っていてチューインガムが歌う「赤い風船」、山口百恵が歌う 「草原の輝き」とも違った趣を見せてくれると期待できるのだけど、いつ聴けることやら・・・
片桐和子さんは、このLPレコードの中では、「旅愁」「みかづき恋歌」「はまなすの旅」「枯葉の詩集」の作詞をしてます。カバー曲が多い事を考えるとかなりの高率です。

岡崎友紀さんは私にとっては歌手というよりも(随分年上の)アイドルでした。テレビドラマへの出演が減ったある時、歌番組で「私は忘れない」を歌っている のを見た時、ショックでした。それまでは、アイドルが自分が出演したドラマの主題歌を歌っていただけと思っていたのに、岡崎友紀は歌手なんだと知った瞬間 でした。岡崎友紀さんの事を知っていて、ファンだったにもかかわらず、彼女が歌手だと知らなかった人が多かった -> レコードがそれほど売れなかった。という事もあるかもしれません。http://members.jcom.home.ne.jp/yosinon/oldtape/


児島美ゆき CD

投稿者:クジラ2号  投稿日:2007年 5月20日(日)22時04分37秒

レア・音源が発売予定です。

児島美ゆき「70'sシングル・コレクション」(BRIDGE101 2007年6月6日発売予定)

http://bridge.shop-pro.jp/?pid=3708279


訂正です

投稿者:キャンぺ~  投稿日:2007年 5月19日(土)22時45分10秒

たつしさんのご指摘どおり、片桐和子さんのことです。同じCDに桐山和子「雨降る雨降る港町」という曲(これもノリのよいなかなかいい曲)が入っていて混同してしまいました。牧葉ユミ「回転木馬」の作詞者は片桐和子さんです。ご指摘、ありがとうございます。

よっかーさん、そうですね。スタ誕や歌謡選手権などのオーディション番組でよく審査員から指摘されていたのが、ものまねではいけない。自分の個性が出せる 歌を選ぶことが必要だということだったと思います。歌唱力があり、アクの強くない牧葉ユミさんの歌はこういう場に適していたのでしょう。淳子さんが歌った 「見知らぬ世界」もオリジナルが聴いてみたくなりました。


旅愁の作詞者

投稿者:たつし  投稿日:2007年 5月19日(土)20時34分9秒

>キャンペーさん

『旅愁』の作詞者は「片桐」和子さんではなかったでしょうか?
アニメでも「ピコリーノの冒険」を作詞なさっています。


牧葉ユミさん

投稿者:よっかー  投稿日:2007年 5月19日(土)17時06分49秒

>キャンペーさん
すいません、病室のネット環境では性格にHNが打てません。

百恵ちゃんの世代でオーディションに牧葉ユミさんの歌を唄った人が多いような。
なのに牧葉ユミさんの単独CDが出てこないのはなんでだろう?

歌手がオーディションで合格する時に唄った曲って興味深いですよね。
セルフプロデュースで本人の趣味志望がよく出てて。

なのにぜんぜん違う方向性でデビューしてきたり(笑)。


回転木馬

投稿者:キャンぺ~  投稿日:2007年 5月19日(土)15時39分15秒

ずっと探していた牧葉ユミ「回転木馬」をやっと聴くことができて嬉しくて書いてます。 amazonで検索しても「冒険」「怪盗アリババ」収録のCDだけしかhitしなかったのが、たまたま渚ゆう子で検索していた時に「ベンチャーズ歌謡大 全」なるCDが出てきて、「回転木馬」も収録されていました。すぐに買おうと思ったのですが、1曲のために買うのをためらっていたところ、中古で安く出て いたので購入。昨日届いてずっと聴いています。
ベンチャーズ歌謡の有名曲は小山ルミ「さすらいのギター」以外は網羅されており(版権がナベプロのせいでしょうか。でもアンルイスさんも同じナベプロでビクターですがアルバム曲が収録されています)、初めて聴く曲もなかなかいい感じです。
「回転木馬」にはずっと疑問があり、なぜこのタイトルにあの歌詞なのか。で、作詞の桐山和子さんについて調べてびっくり。「ナオミの夢」の訳詞に加えて、 西崎みどり「旅愁」「はまなすの旅」の作詞もやっていたとは。それ以上詳しいことはわかりませんでしたが、非凡な方なのは間違いないでしょう。タイトルと 歌詞の関係についてはわかりませんでしたが、こっちの発見の方が大きかったです。たぶんベンチャーズの原題の和訳をそのままタイトルにして、タイトルにこ だわらずに作詞をしたという感じなのかもしれません。
百恵さんがスタ誕のオーディションで歌っていたので、百恵さんもレコーディングしているものだと思い込んでいたのですが無いですね。初期の百恵さんには ぴったりなのに残念に思います。hotwax歌謡曲名曲名盤ガイド1970sの牧葉ユミさんのレビューには「冒険」を歌ったと書いてありましたが、確かこ の「回転木馬」でしたよね。自分の声質にぴったりの曲を選曲する百恵さんに今さら感心しています。

どうも。

投稿者:よっかー  投稿日:2007年 5月19日(土)07時49分21秒

>こうそくひれん1号さん
ありがとうございます。
病室のタッチパネル式簡単インターネットはちょっと面倒くさいです(笑)。
学生の頃からの古傷が悪化し[半月板断裂]となった膝を手術しました。
現在、もう痛みも落ち着き入院生活も退屈になってきてます。

この機会に、ここの過去ログを全部読み返してましたよ(笑)。
ここに初めて来た頃には幻の音源だったよう歌もずいぶんCD化されて、いい時代になったなぁと改めて感じてます。

ノンノンさん、yosinonさん、元気かなぁ、なんて。


TAKE IT EASY!

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月17日(木)23時20分44秒

>>よっかーさん

昔、専門学校に電車通学している車窓から病院を見て、「あぁ、たまには入院でもして、のんびりしたいなぁ」と毎日のように考えていました。その願いが叶っ たのか電車の中で倒れ病院に搬送され、そのまま10日間ほど入院した事があります。でも、ちっともよくないですねぇ。もう退屈だし、毎朝、血を抜かれる し、メシは不味いし・・・。暇つぶしで点けたラジオで若林志穂「テレフォンキッス」と出会うというラッキーな出来事(前にも書いたか、この話)もありまし たが、基本的にはいい事なしで、退院した時は「やっぱりシャバの空気は旨いぜ」なんて感じました(やっぱ健康が一番だね)。
足の手術って怪我?病気?。なんにしても、おだいじに。


冷静に熱く….ね

投稿者:よっかー  投稿日:2007年 5月15日(火)19時39分29秒

あまりカッカッせずにいきましょう。

私ら田舎の町のレコード店では、岡崎友紀は[テレビ主題歌]のコーナーにしか置かれてなくて、長い間そのまま放置されてたよ。こういったこともセールス記録に影響してるだろうね。

ま、この話はまたにしましょうか(苦笑)。
私、先日足の手術を受けまして入院中でして病室の簡易ネットでやってきました。
入院生活は暇で新聞とテレビ三昧ですわ。
昨日の東スポからサンミュージックの相澤会長の手記が連載スタートしてますが、これまたマニアに突っ込みどころ満載の記事ですねぇ。


ファンの人だって

投稿者:キャンぺ~  投稿日:2007年 5月14日(月)01時20分26秒

岡崎友紀さんが、人気とレコード売上が比例しなかった理由なんか「こっちが聞きたい」と言われる と思うのです。いろいろな要素を上げて考えようとしているところで「本当のことが知りたい」の一点張りでは、何も言えなくなってしまいます。どう理由づけ てみても、憶測に過ぎないのです。
私は南沙織さんが大好きで、レコードもずっと買っていましたが、何でこれだけしか売れていないのか疑問に思う曲が何曲もあります。「人恋しくて」のヒット の翌年に出した荒井由実作詞で話題性もあった「青春に恥じないように」は3万枚足らず。引退前のラストシングル「Ms.(ミズ)」なんて5000枚です よ。テレビの歌番組で結構歌っていたのに。引退後の「グッバイガール」はオリコンHot100の圏外です。山口百恵さんやキャンディーズとここまで違うも のなのかと悔しい思いをしました。ここまで売れなかった理由、私は売ろうとしなかったからだと考えていますが、憶測に過ぎません。レコードが売れない理由 に正解なんてないと思うのです。

私は通行人の弁護士ではありませんんが

投稿者:覆面コメンテーター  投稿日:2007年 5月13日(日)21時35分10秒

くだけて言えば、あれほどの人気アイドルだった岡崎友紀をまったく事務所が後押し無しだったはず がないのに、レコードセールスの記録が芳しくなかった本当の理由を訊きたい。というのが通行人さんの主旨だと、私は読んでいたので、常連さんの書き込みに 対しても、いちいち反論的に意見を出していただけだ思うのですが。

急にずいふんと感情的になってしまって、単純に岡崎友紀の好き嫌いだけ話になってしまったのが残念でした。

>BUFFYさん
いいかげんなHNの方を弁護してるように思われても困りますが、岡崎友紀の歌でなくても、へんな歌なんだけど好きなんだというのは誰にもひとつくらいあるんじゃないかな。

好きなアイドルに言いがかりをつけられた、という理由で興奮してるなら、わたしも過去にここの書き込みで相当嫌な思いもしてますので、気持ちはわかりますが冷静に広い心で対してもらいたいです。


筋通ってる?

投稿者:BUFFY  投稿日:2007年 5月13日(日)20時48分27秒

よこやりで申し訳ありませんが、
岡崎さんの歌にはアピールするものがないといってみたり
でも、でも彼女の歌はすきなんだといってみたり・・・
全然筋が通っているように見えませんが・・・
結局通行人さんは岡崎さんに好意的なのかどうか、ファン
の人に何を聞きだしたいのか、よく見えません。

反省

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月13日(日)19時21分1秒

ここ数日の書き込みを見て頭に血が上り、昨日はつい大人げないキツイ言い方の書き込みをしてしまいました。不快に感じられたみなさまに対し、お詫び申し上げます。

どっちもどっち

投稿者:覆面コメンテーター  投稿日:2007年 5月13日(日)17時06分21秒

長年読ませてもらってますが、通行人さんの書き込みにそれほど怒ることでもないようにおもいますが。
何を勘違いしてるのか、貴重なお話の中、興味無いと思われるタレント名を間違える事が多々あり、一方的に自分の想いを書くKOSUKEさんよりは、通行人 さんの方が筋が通ってると見えます。以前によっかーさんとも似たような揉め事をして、その時はよっかーさんが消えてた時期がありましたね。今度は自分です か?言葉は怖いものです。

しかし通行人さんも、どこの掲示板でも揉める元になる連続投稿が残念でしたね。
もう少し結果をあせらず言葉のキャッチボールをして欲しいです。

失礼しました。


?

投稿者:BUFFY  投稿日:2007年 5月13日(日)04時44分55秒

>KOSEKEさんは温厚で優しくて
少なくとも、KOSUKEさんは?さんにそんなきつい言い方
で返答をされるような書き込みはしていないと思います。
誰に対しても誠意あるレスを返してくれる優しいお方だと思います。

教えてください!

投稿者:BL  投稿日:2007年 5月13日(日)00時07分30秒

夜ヒットブログの管理人、「BL」です。

最近、ブログのほうの更新がなかなか停滞気味で大変申し訳ございません・・・。

ところで、ブログのほうにも情報募集告知を出しているのですが、初出演歌手の中でもとりわけ初出演日等の詳細が全く不鮮明な歌手がいくつかいます。
それらの歌手の夜ヒット初出演に関する情報につき是非ともわかる方いましたら、教えていただきたいと思います。

・鳥羽一郎
彼が夜ヒットに出たことがあるという話は最近まで実は全く知らず、つい最近、記事の精査をしている最中で資料に目を通したところ、彼も歴代出演歌手の中の一人として名前が記載されていました。
恐らく、「兄弟船」でデビューした頃に出たのか(1983年)、若しくはDX時代の初期頃に出ている(少なくとも1987年以降で彼が出演したというデー タは見当たらないんですよね・・・)可能性がありますが、今でも一線級の歌手として健在な方なのでぜひとも判る方居ましたら教えてください。

・川口雅代
確か「仙八先生」の後期に先生役の一人として出演していた方だったと思います(宮崎美子降板の後釜として参加)。彼女も出演歌手の中の一人として名前が列 記されています。恐らく、1981年4月21日に発売したデビューシングル「やさしいAffair」での出演だったのでは?と思いますが、どうでしょう か・・・?

・川崎黄金猫舎
銀蝿のリーダー・嵐ヨシユキ作の「パーブリング・ブギ」で夜ヒットに1回だけ出演しているらしいです。多分、時期的には1981年の12月頃じゃないかなあ・・・という気がしますが・・・。

・高梨雅樹(後に原大輔に改名)
1981年3月に当時フジテレビで放映されていた「千年女王」の主題歌「コスモス・ドリーム」を発売しており、多分この曲でバーターのような感じで出演したんだろうと思います。
原大輔改名後は「秋冬」(高田みづえや三ツ矢清隆との競作)のヒットがありましたが、この時期には出演していない(出演歌手の総覧でも「原大輔」ではなく 「高梨雅樹」として表記がある)ようなので、多分、1981年の春頃(3~4月頃)が初登場ではないか?と思われますが・・・。

・ドンキーカルテット
小野ヤスシやジャイアント吉田が参加していたことで知られるドリフターズの分派的なコミックバンドですが、彼らも夜ヒットに歌手として出たことがあるらし いです。多分、歌謡バラエティー色の濃かった初期の出演だと思いますが、彼らの歌を全く(汗)知らないんで、ぜひともその点も含めて教えてくだされば幸い です。

あと新聞欄には出てきていないものの、過去映像や写真資料などでわかった、或いはシングルチャートの推移の中で推定できたものもいくつかありますが、あく までも『推定』の域を達していないのでまだまだこの点についても詳細につき情報を募集しています。ご協力のほどよろしくお願いします・・・。

・太田裕美
ナベプロ在籍ということを考慮すると、1曲目「雨だれ」から夜ヒットにでていた可能性がかなり高く、恐らく1974年11月11日(レコードデビューは11月1日)放送で出演していると思われます。

・ニック・ニューサー
「サチコ」が有線を中心に1981年にヒットしましたが、当時のシングルチャート推移を見ていますと、この曲は6月に発売された曲ですが、ベスト20圏内 に入ってくるのが、8月末~9月にかけて以降、と発売からベスト20へのランクインまでの間に約3ヶ月ほどのスパンがあったりします。この時期で新聞欄に 「、ほか」とされているのは1981年8月17日放送ぐらいしかないので、多分、この時に出演→ヒットチャートにも影響という流れ(山本譲二がそうであっ たように)なのでは?という気がします。

情報につき是非ともわかる方いましたら教えてくださいませ。よろしくお願いいたします。


嵐は

投稿者:kansuke  投稿日:2007年 5月12日(土)23時41分11秒

スルーが一番かと、思います。

岡崎さんのことはわかりませんが

投稿者:BUFFY  投稿日:2007年 5月12日(土)22時46分30秒

悪気はなかったのかもしれませんが、
KOSUKEさんは大変気を悪くされ出ていかれました。
タレントに対する意見・批判、または他の投稿者の意見に対する反論は
よいと思うのですが、言葉の配慮が必要ではないでしょうか
通りすがりの一見さんが、常連で温厚で優しいKOSUKE
さんに「あなたおいくつなんでしょうか・・・」なんていう書き出しで
始まる一連のきつい言い方はありえへんやろと思います。
(wを使うあたり某掲示板で毒されているせいだと思いますけどw)

敢えて事を荒立てますが・・・

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月12日(土)22時08分36秒

スレが汚れる事を覚悟で通行人さんに言いたい。前述したけど私はあなたの意見にある程度、納得しています。「その通りだと思う」と。
でもね、その反面、あなたの主張は大昔の「○○大学・アイドル研究会」の論文発表みたいに感じるんですよ。通ぶって尤もらしい事を言ってるけど、傍から見 ると何が言いたいのか全然解らない。岡崎友紀に対する評価も持ち上げたり落としたり、主張が一貫していない。マニアというより、悪い意味での「オタク」っ ぽさを感じますね(「オタク」そのものは悪い存在じゃないけど)。
他ならぬ御本人が言ってるように「熱い議論を交わす」事(を復活させる)が目的で書き込まれているようですが、その実、わざと挑戦的な態度で(言葉での) ケンカ相手を求めているような「ケンカ好き」のようにも見えますね(本人がそれに気づいているかどうかはともかく)。それとも孤独で寂しいから構ってほし いのですか?
御自身でも解っていると思いますが、あなたの「やり方」を不快に思っている人は多かったと思います。まともな対応を心掛けて下さるのならともかく、そうで ないなら御自身が何度も仰ってるように「これが最後」にして下さい。「これが最後」と言いながら、何度もお出ましになるので、敢えて書かせていただきまし た

とろりさん、掲示板を汚して申し訳ありません。


とってもコアな「夜のヒットスタジオ」

投稿者:ゴン中山とニューブリード  投稿日:2007年 5月10日(木)21時29分39秒

皆様はじめまして。私は一昨年からこの前まで、スカパー(フジテレビ721)で、あの伝説の歌謡番組「夜のヒットスタジオ」を視聴していた40代の男です。当時人気の曲から廃盤間近(?)の曲まで、色々と紹介してくれて、本当に楽しかったですよ。
数々の珍騒動が起きたとも言われるこの番組、歌手の方々がフルコーラスで歌ったということは素晴しいのですが、もう私が小学生の頃から気になっていたの が、後ろで演奏している方々。とくに、ダン池田さんのあの振りマネをできるのは、日本広しと言えども、私しかいないでしょう。頬の黒子(ほくろ)とパンチ パーマがトレードマーク。私は暇があれば、いつも「ヒットスタジオ」のDVDをみて、この方の振りマネをするくらいですから。でも残念ながら、ダンさんは 暴露本が原因からか、フジテレビやNHKを始めテレビ局への出入りを禁止され、いまは影の人、私にとっては伝説の人になってしまいました。たぶん日本一も のまねが上手な「ぐっさん」こと山口智充さんには、この方の振りマネなんて、絶対無理でしょう。わたしでもこの人の振りマネを覚えるのに、30年近くか かったんですよ。

とおりすがりか…

投稿者:横浜チーク・ガール  投稿日:2007年 5月10日(木)20時47分15秒

通行人さんに対してそんなに、メ・ク・ジ・ラをたてることなのでしょうか…。
今まで岡崎さんを褒めてきたコメントに対して、
いきなり横から否定的な書き込みをされたから皆さんご立腹なのでしょうが…。
それより逆に栄一さんの威圧的な書き込みの方が、
油に火を…みたいな感じがしました。
私は、通行人さんの書き込みに対して、
そう言う考え方もあるなとサラッと流して読めたけど…。
やっぱり、よっかーさんの意見が自分としては、
一番良いと思いました。

もうちょっと続けても私はいいよ。

投稿者:よっかー  投稿日:2007年 5月10日(木)00時44分15秒

>通行人さん
岡崎友紀さんが美空ひばりさんに匹敵するとかは、人それぞれ評価の基準が違うからどうでもいいけど、私は「アイドル」というカテゴリーで評価すれば、日本アイドル史の歴史上重要人物ですよ。競馬の種牡馬でいえば日本でのノーザンテースト並み(解かりにくいな)。

後のアイドル活動の雛型になったようなモンでしょ。
いろいろな意見から当時の岡崎友紀人気の真実を探り出すのも、私には面白いネタを提供してくれたように感じてたんですが、HNのように通り過ぎられるとただの「荒らし」で終っちゃうのでつまらないんですがね。

今まで出揃ったご意見と私の感覚では、歌でも、お芝居でも、ダントツの実力では無かった岡崎友紀さんの何が人気だったかと言うと、その「キャラクター」が 人気の秘密だったのではないでしょうか。それこそがその後の80年代アイドルへ続く人気アイドルの重要な資質になるんでしょう。

歌をキッカケにトップ人気を目指す者、グラビアから、ドラマから、とアプローチは違っても人気になるには「キャラクター」が大事なんだと、具体的に示したのが岡崎友紀と考えれば、興味深いんだけど、くだらない考えですかね(^^ゞ

その時、岡崎友紀さん本人は「アイドル」という感覚は無かったとは思いますが。


私は…

投稿者:キャンぺ~  投稿日:2007年 5月 9日(水)22時28分24秒

1959年生まれで、70年前半のテレビや芸能誌を見てきた(時々記憶違いをしますが)ので、ま だ書かれていない方面から書かせて頂いたのですが、即却下で…。いろいろ反論とかも書きかけたのですが、考えてみれば、すべて憶測に過ぎないわけですか ら。釣られた自分に自己嫌悪です。
気を取り直して、また書きたくなったら登場しますね。

そうじゃないんですよ

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月 9日(水)22時01分52秒

>>通行人さん

「冷静になって」とは、あなただけが感情的になっていると言ってる訳じゃないんですよ。熱い議論を交わすのは大変結構なんですが、ここ2~3日のやり取り を見ても分かるとおり、エキサイトしてくると双方ともトゲトゲしい発言の言い合いになる。本人は精一杯冷静を装っているつもりでも、傍から見ると感情丸出 しに見えるという事がよくあります。その辺を気をつけたほうがいいという事なんですよ。丁寧な対応に気をつかうのは「馴れ合い」とは違います。

それから「個人的な感想を書くな」とは言ってはいません。岡崎友紀のレコードが売れなかった理由(7日18時34分、22時47分の書き込み)としてあな たの主観が書かれていた(そう書いてあるように見えた?)ので、それはあなた個人の判断でしょ、と言ったまでです。私の勘違い、読み間違いでしたらお詫び しますが、そのような場合は「私の個人的な考えとしては~」「個人的な意見ですが~」と付けて書いていただけるとありがたいですね。

>>KOSUKEさん

本気かどうかは分かりませんが、ちょっと不快なレスがあったくらいで「もう見ない」なんて言わないで下さいよ。坊主は憎くても、袈裟は憎くありませんよ。どうか落ち着いて下さい。そんな捨てゼリフ、とろりさんも悲しむよ。


??(お世話になりました)

投稿者:KOSUKE  投稿日:2007年 5月 9日(水)20時33分8秒

もうこの人に何言っても通用しないでしょ。見てるこちら側が??ですよ。それにしても> 餅は餅屋というか、歌手は歌手、俳優は俳優、求められるものが違うんだなと改めて思いました。両方活躍するのは、はやり難しいと。・・・両方活躍してる 人、美空ひばりさんを筆頭に無数にいるじゃないですか。なんでそう断定できるんでしょうかね?
栄一さんの言い方はちょっと乱暴だけど、私も気持ちはほとんど同じです。この1週間で雰囲気のよかったこの掲示板の雰囲気を、1人の発言でぶち壊されて しまいました。(そう思っている方は無数にいると想像します)もうこの掲示板を見ること自体不愉快です。皆さんお世話になりました。お元気で。

まあまあ

投稿者:たつし  投稿日:2007年 5月 9日(水)11時01分47秒

こちらの画像でも見て、岡崎友紀さんの話題は
いったん打ち止めにしましょう(^^
http://f11.aaa.livedoor.jp/~kasagogo/okusama18.htm

ワシもそう思う・・・けど

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月 9日(水)09時00分17秒

>>通行人さん

私はあなたの意見に同意します。あなたの主張はほとんどの部分で「仰る通り」と納得できるものがあります。でも反論の仕方というか、書き込み文に冷静さ、謙虚さを持たれた方がいいのではないですか。「尤もな意見」と思えるだけに残念です。
それから「思わずレコードを買いたくなるような、ぐっと引き込まれるものがなかった」「それだけアピールするものがなかった」というのはあなたの主観ですよね。そんな個人的な感情で岡崎友紀の楽曲の良し悪しを判断してほしくはありません。
あと「大勢いたはずのファンが彼女のレコードを買わなかった」と書かれていますが、果たしてそうなのでしょうか。詳しい事は分かりませんが、数万枚から 10万枚程度は売れているはず。「何十万枚も売れてこそヒット」という概念が多くの人にあるのかもしれませんが、それは大ヒット、超大ヒットというレベル の話であり、数万枚も売れれば多くのファンは買っている訳ですし、十分にヒットと言えると思います。
役割の違いというのもありますよね。かつてプロマイド・ランクが俳優、歌手に分かれていたように、歌手活動がメインでドラマにも出ていた人もいれば、役者 業が中心だけど歌も出していた人もいる。友紀ちゃんの場合、明らかに女優業がメインですから、受け手側(一般ユーザー)もそんなに遮二無二レコード購入に は走らなかったのではないでしょうか。


お開きにする前に一言

投稿者:キャンぺ~  投稿日:2007年 5月 9日(水)01時16分23秒

以前、ここで私が書いたことなのですが、私が中一のとき(1972年)に読んでいた中一コースの 芸能人の人気投票では、一位が男性が森田健作さん、女性が岡崎友紀さんでした。どちらもレコードよりもブロマイドの売れ行きの方が話題になっていたのは偶 然でしょうか。私は、ファン層が若かったからではないかと思います。限られた小遣いをやりくりして、やっとシングル盤が買える。アルバムなんて、お年玉ま で待つか、クリスマスや誕生日に期待するしかなかったです。私は南沙織さんのファンでしたが、シングル盤を買い揃えたのは、高校生になってからでした。レ コードを買う年齢層が、今より高かったというのも人気と売上が比例しないことに影響したのではないでしょうか。

蛇足ですが、「通行人」「通りすがり」などのHNは、一言語って去っていく場合に使うものだと思うので、腰を据えて語るなら、ちゃんとしたHNにした方がいいと思います。面白い話題だと思うので、まだいろいろ意見が聞いてみたいです。


そうは言っても

投稿者:よっかー  投稿日:2007年 5月 8日(火)22時49分9秒

>通行人さん
それでも歌手アイドルとマルチ・アイドルでは歌にかける事務所のプッシュも、時間もあまり無かったと思います。歌の本に紹介するような事務所の仕事は、他 の歌手アイドル同様のことはあったでしょうが、当時流行歌をヒットさせるための決定的な仕事が岡崎友紀さんの場合ほとんどできてませんでした。それは歌番 組への露出不足です。

現在でも連続ドラマに出演しているアイドル女優の拘束時間が厳しいことはご存知でしょう。今放送されているドラマの主役級アイドルの、ドラマ以外での露出 を見れば解かると思います。ドラマ撮影中は、番組スタート時の番宣の他は雑誌メディア程度しか動きが取れない。これがジャニーズであっても同じように制限 されてます。

岡崎友紀の場合、1970.9.29.スタートの「おくさまは18歳」から「ニセモノご両親」終了の1974.8.27.までの期間、ずっと休む事無く主 演で毎週放送され、間には他の放送局のドラマへゲスト出演、単発ドラマなどがあり、しかも現在と決定的に違うフィルム撮影のため、アフレコ作業もあり、俳 優としての拘束時間はハンパじゃなかったと思います。

そんな状況で人気アイドルの宿命とは言え、レコードリリースはしても歌手アイドルのようなキャンペーンも歌番組での歌唱などはできなかったでしょう。これ が80年代ならば、ベストテンのような番組が「追っかけます、どこまでも」と、ドラマ収録スタジオまで来てくれてたら違ってたでしょうね。当時はランキン グ番組の視聴率も悪く、とにかくバラエティーだろうがなんだろうが、出演して唄うことがファンの耳に届くことでしたから、ヒットするも何も、まずはファン の耳に届けることができなければ、チャートアクションは何も起きなかったんでしょう。

ま、いろいろと理屈を書いても結局はレコードセールスがもう一つだったのは間違いなく、ブロマイドの売上げ(53ヶ月連続1位)みたいにレコードは売れなかったんですから、ファンは歌よりもビジュアルが好きだったのかもしれませんね(^^ゞ


うぜーんだよ

投稿者:栄一  投稿日:2007年 5月 8日(火)22時36分17秒

通行人殿

あのさー、岡崎友紀にそこまでこだわるって何かワケあんの?ちょっと精神科で診てもらったら(笑)?あんたの文章読んでるとくどくて虫唾が走るんだよ。とにかく多くの友紀ファンがおめーのコメント読んでムカついてることを忘れんなよな。


初書込

投稿者:大魔神Johnson  投稿日:2007年 5月 8日(火)16時31分5秒

はじめまして。

私が、初めてテレビで見た歌手は、兄妹デュオのポップコーンでした。今から28年前、当時2歳だった私は、テレビでスタ誕を見ていたら、サロペット姿の兄 妹が楽しくダンスしながら歌っているのを見て、思わず目が輝いてしまいました。その後、ポップコーンやピンク・レディーなどといった2人組ユニットに、と ことん興味を持ちました。(今はGAMに興味を持ってます)

スカパー・第一興商スターカラオケ(Ch.267)にて、5月13日正午放送のレッツゴー・ヤングの、1979年4月15日にNHKで放送された回に、 ポップコーンが出演するそうですが、家のスカパーはe2なんで、見られないな…。家電量販店でのスカパーコーナーで見るしかないのですが…、誰か、HPに ポップコーンの画像を入れないかな…、画像でも構わないし…。

ちなみに、スカパー・ファミリー劇場で放送中のドリフ大爆笑でのポップコーンの歌唱シーンは、7月頃に流れる予定です。


当時と今は

投稿者:よっかー  投稿日:2007年 5月 8日(火)14時35分17秒

レコードセールスの仕方がずいぶん違ってますよね。

当時はドラマ主題歌ってものは、その放送されている局以外では宣伝ができないような暗黙の了解があったようだし、CMソングも提供が違う歌番組では自主規 制状態で、メーカーも好きなようにセールスをやりづらい時代でしたよね。ですから名曲にもかかわらずB面扱いであったり、新曲であってもまるっきり別のお 仕事的になってましたね。

水前寺清子さんも「ありがとうの歌」はドラマ放送当時も、数えるほどしか唄わなかったそうだし、岡崎友紀ちゃんも「紅白歌のベストテン」で司会してる時も ドラマ主題歌は1回も唄わなかった。テーマソングのたぐいは1瞬だけチャートをにぎわす事が狙いではなく、放送期間が昔なら通常で2クール(半年くらい) ありますから、ゆっくり売れるならそれでいいというスタンスだから、1、2年と続く番組の主題歌ならば、レコード店にその期間ちゃんと商品として並んでた り、取り寄せたりできるので、流行歌のようなセールスを考えてなかったんでしょうね。アニメ「キャンディキャンディ/堀江美都子」のレコードも約100万 枚売れてるけど、3年以上の期間をかけて売ってるですよね。オリコンなどに大ヒットを記録するにはかなり条件が揃わなくては難しい。

現在のように10回くらいの放送で終る主題歌ならば、いろんなセールスをかけなきゃ時間がないからね。かなり状況が変わってきてますよ。


主題歌

投稿者:KOSUKE 投稿日:2007年 5月 7日(月)22時34分14秒

MACKY様

なるほど。「ありがとうの歌」や「おくさまは18才」のように、お茶の間に深く浸透した曲がチャートインしていない一方、「ふれあい」・「さよならをす るために」・「あの日にかえりたい」・「太陽がくれた季節」等は首位になっていますね。結局歌番組で歌われたどうかって点がポイントになったんでしょう か?でもユーミンは歌番組に出てませんでしたからね。


「ふれあい」

投稿者:MACKY  投稿日:2007年 5月 7日(月)22時12分41秒

視聴率50%を超えたドラマ『ありがとう』の主題歌「ありがとうの歌」ですらチャートインしていないくらいだから、70年代のドラマ主題歌は今と多少セールス事情が違ったのでは?もちろん、「さよならをするために」や「ふれあい」のような例もあるけれど。

投稿者:KOSUKE 投稿日:2007年 5月 7日(月)19時30分36秒

こうそくひれん1号様

>甲斐智枝美さんを『野々村病院物語』で同じ手法で・・・」とは宇津井健の娘役という意味でしょうか。でもあれは大映じゃないし、バーターとかコネのある出演でもない・・・。
「赤系シリーズ」じゃないけど、「ひまわりの歌」の林紀恵の方が「百恵ライン」を意識したキャスティングかと思います。

そのバーターとかコネの出演でない、というのがよく意味がわからないんですけど、甲斐智枝美さんも林紀恵さんも「ホリプロのありがちな手法」として私には同じに思えるんですよ。ついでに宇津井健さんとは関係ないけど「赤い嵐」の能瀬さんも。

通行人様

>本当にそう思いますか?どちらもかわいらしい曲で、毎週ドラマの主題歌として聴くにはいいですが、アニメの主題歌みたいに、あまりにも幼すぎるというか・・・。大きなセールスが見込める歌ではなかったと思います。

そう思いますよ。当時ブロマイド売上首位で、ベスト10に入ってないならともかく、「ベスト100」に入ってないんですよ。視聴率(も詳しくはわかりませ んが)からしても国民への浸透は充分だったはずだし、「ありえない」としか思えません。まあレコード会社と事務所のプッシュ不足だったんでしょうね。


比企理恵は名古屋章の娘だったけど

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月 7日(月)13時24分18秒

>>KOSUKEさん

「甲斐智枝美さんを『野々村病院物語』で同じ手法で・・・」とは宇津井健の娘役という意味でしょうか。でもあれは大映じゃないし、バーターとかコネのある出演でもない・・・。
「赤系シリーズ」じゃないけど、「ひまわりの歌」の林紀恵の方が「百恵ライン」を意識したキャスティングかと思います。


面白くはないでしょう・・・

投稿者:KOSUKE 投稿日:2007年 5月 6日(日)10時11分39秒

こうそくひれん1号様

「バーター出演」とは大物タレントと抱き合わせで出演させることでしたっけ?もちろん久木田さん、77年のホリプロイチオシではなかったのはご尤もです が、「宇津井健の娘役で売り出して」見事に当たった百恵さんにあやかったことは間違いないと思いますよ。(まあ、百恵さんとは違ってチョイ役でしたし、出 演させる必然性も感じられませんでしたが)その後も甲斐智枝美さんを「野々村病院物語」で同じ手法で出演させてましたし。あとマイナーアイドルが主役以外 で出演する、ってのは状況にもよると思いますが、三谷さんの「燃えろ!アタック」はホリプロ同期の荒木さん主演でしょ?面白くなかったんじゃないですか? (ちなみに彼女の「絶交」を聴きたくてしょうがないんです(笑))「セーラー服反逆同盟」に森田まゆみさんが「メインの4人」ではなく、ほとんど台詞なし で出てた時の真情も推して知るべしでしょう。主演のミポリンは一応同期でしたからね。


まとめ売り

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月 6日(日)09時14分28秒

>>KOSUKEさん

「赤い激流」は見ていなかったので同番組で久木田美弥がどのように扱われていたかは知りませんが、それはいわゆる「バーター出演」だったのではないでしょ うか。デビュー直後だったので「顔を売る」という目的はあったと思いますが、「ポスト百恵」などという大仰な目論見は無かったと思います。榊原郁恵、荒木 由美子がデビューしたこの年、事務所的にも久木田美弥にそんなに力を入れていたとも思えないしね。
三谷晃代も「怪人二十面相」や「燃えろ!アタック」でバーター出演してましたね。新人の立場でのバーターはともかく、マイナーアイドルはどんな気持ちで出てるんですかね。


「赤い激流」

投稿者:KOSUKE 投稿日:2007年 5月 5日(土)21時52分50秒

こうそくひれん1号様

「炎の青春」はバスケだったんですか、バスケのドラマってそれこそ「ただいま放課後」ぐらいしか記憶にないですね。これ見てなかったんですけど、久木田 さん出てた(この時点でまだ現役)だったんですね。私は彼女といえばデビューの年の「赤い激流」(水谷豊さんが天才ピアニストに扮したドラマ)が印象に 残ってまして。ホリプロだったし、「ポスト百恵」がミエミエの売り方だと思ってました(笑)。


♪そーぉとも・・・

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月 5日(土)14時39分3秒

>>とろりん村のとろりさん

・・・これが青春だ!、になっていますね、ジャケが。でも、これだけ古いとあまり馴染みがありません。自分にとって馴染みがあるのは北村優子の「ゆうひが丘の総理大臣」や、久木田美弥の「ただいま放課後」辺りですねぇ。出演アイドルにしか注目しない軟派なボクです(^^ゞ

>>KOSUKEさん

「炎の青春」のスポーツはバスケットボールです。マイナー過ぎて視た事ないですけどね。


「恋のサバイバル2」

投稿者:MACKY  投稿日:2007年 5月 4日(金)23時45分33秒

また流れをぶち切りますが、なんと昨年4月から録りだめしていたのに、全く見ていなかった『レッツヤン』を今日まとめて見たのですが、7本見たところ(45分未満の番組とはいえ、まとめてみると結構疲れる)での感想を一言で言うと。

『ここでよく取り上げられる越美晴さんは、いったい何をしたくてサンデーズに入ったのか?』

…アイドル路線に嫌気がさしてレコード会社を移ったとか言われてるけど、ミニスカワンピースで「春一番」歌ってる映像見ると、う~ん。自作の曲でも「立入禁止」なんてキーボード弾いてなきゃ、いかにもアイドル路線バリバリだし。

ゲストの歌の中では、初めて聴いた麻生よう子さんの「恋のサバイバル2」が良かったな。


驚きました

投稿者:KOSUKE 投稿日:2007年 5月 3日(木)09時41分57秒

たつし様

ご教示ありがとうございました。いろんなHPがあるんですね。なぜか?第1シリーズしか覚えていませんでした。これは'66年ということは、私は再放送 で見てたんですね。(主題歌を覚えているもんで)梓さんも関口さんも今からは想像もつかない・・・関口さんは大学を卒業した年ですが、オトナっぽいしなか なかイケメンじゃないですか。松村達雄さんもこのテのドラマに欠かせない俳優でしたね(笑)。今CATVで「肝っ玉かあさん」の再放送を見てまして、それ にも出てます(これがまた面白すぎるんですよ。今のドラマなんか比較になりません)


お嫁さんシリーズ

投稿者:たつし  投稿日:2007年 5月 3日(木)09時20分30秒

>KOSUKEさん

「お嫁さん」は、第6作まで作られた人気シリーズでした。
梓みちよさんと関口宏さんが夫婦なのは第1シリーズです。
1シリーズだけが日活で2シリーズ以降は松竹の製作です。
踊るくべきことに第4シリーズのヒロインは早瀬久美さんです。
「吉川操」より前です。
詳しいことは「お嫁さんシリーズ」↓をご覧ください
http://bell0880.hp.infoseek.co.jp/


「炎の青春」

投稿者:KOSUKE 投稿日:2007年 5月 3日(木)07時15分7秒

こうそくひれん1号様

「炎の青春」は日テレ青春シリーズなら「これが青春だ!」の枠ですね。当然スポ根モノだったのでしょうか?友紀さんがバレーボールをやるとか(笑)?


遅レス

投稿者:こうそくひれん1号  投稿日:2007年 5月 3日(木)06時00分48秒

>>KOSUKEさん、クジラ2号さん

泰葉の歌、情報ありがとうございました。

>>KOSUKEさん

「炎の青春」は日テレ青春シリーズ第5弾でした。第4弾「進め!青春」の視聴率が振るわずシリーズは打ち切りになったのですが、復活を望む声に応え、半年後に再スタートしました。が、結局は視聴率は回復せず、この番組も短命に終わっています。


「お嫁さん」?

投稿者:KOSUKE 投稿日:2007年 5月 2日(水)20時28分14秒

たつし様

確かに作詞の才能も素晴らしいです。なぜご本人に書かせたのかナゾなんですけど、「おくさまは18才」にしても出だしから♪青空が笑ってる ララララ  ララーララ でサビが♪ルルル メルヘン ですから非凡なものを感じさせますね(笑)。それにしても当時高校生でしょ?すごいとしか言いようがないのです が、「お嫁さん」って関口宏さんと梓みちよさんが夫婦役で出てたフジのドラマでしたっけ?おぼろげながら記憶にあるのですが・・・「炎の青春」というドラ マは知りませんでした。どこの局だったんですか?'69年以前になると友紀さんを含めてほとんど記憶外なんで、悪しからず(笑)。


四拍子そろった方

投稿者:たつし  投稿日:2007年 5月 2日(水)09時39分25秒

>KOUSUKEさん

岡崎友紀さんは、芝居、歌、司会の他にも「作詞」も素晴らしい
ですよね。「おくさまは18歳」もそうですし、「なんたって18歳」以降は
「高木飛鳥」名義で作詞をいくつかなさっていますからね。
友紀さんのトリビアです。
ライバルだった吉沢京子さんもそうですが、ブレイクする前に
「お嫁さん」に出演なさったことがあること。
「おくさまは18歳」の前の年に「炎の青春」という青春ドラマに
出演なさっていたことです。

Sorry, the comment form is closed at this time.